ライフスタイル
LIFE

JRと地下鉄、そして琴似商店街の中心。
これから始まる琴似本通ライフ、その一部を3つの暮らし方でご紹介します。


for Dinks夫:40代(札幌駅界隈勤務) 妻:40代(大通界隈勤務) 愛犬:パグ

02琴似本通STYLE

6:30

愛犬も満足。
歩きやすい琴似本通。
平日、休日関わらず毎朝6時に起きる。正確には散歩へ行きたい愛犬に起こされている。眼を擦りながら出発して、琴似発寒川を目指す。少し川沿いを歩いて、公園でひと休み。そこから琴似本通へと戻ってくる。ほとんどフラットな道だし、冬でも本通はロードヒーティングが敷いてあるから歩きやすくて助かっている。

8:30

都心に近いから
生まれる余裕。
毎朝、夫婦揃って家を出る。妻は大通界隈で働いているので地下鉄駅へ。僕はサツエキ界隈なのでJR駅へ。そこから乗車5分、アッという間。始業時間まで余裕があるのでコーヒーショップに立ち寄って、今日のToDoをスマホでチェック。心にゆとりがあると、不思議と仕事が上手くいくような気がしてくる。

19:00

気分は美食家。
食べ歩き天国に暮らす。
仕事中、スマホにメール着信。妻からだ。今日は家の近くにあるビストロに集合らしい。夫婦の趣味が食べ歩き。その点、琴似は行きたくなるお店がたくさんある。今日はあっち、明日はこっちと気づいたら週の半分くらい食べ歩いていることも。それくらい僕たち夫婦にとって琴似は楽園なのだ。

21:00

行きつけのバーで、
夫婦2人でゆったりと。
ビストロで食事に舌鼓を打ち、ワインを堪能。ほろ酔いの良い気分になったので、琴似に住んでから通い始めた隠れ家的なバーへ。渋めのマスターに迎えられて僕はスコッチのオン・ザ・ロック、妻はレッドアイ。家の近くなので、少し遅くなっても大丈夫。もちろん飲み過ぎなければだけど。